「嘘憑きの却本作り」腰掛け転職術13 嘘と誇張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
paaaaaa

前職では残業がほぼない会社と聞いたから、将来は作家業か転職前提の就労を狙っていた自分としては喜んで入社した。
しかし、実態は残業代がほぼ出ないだけの大嘘だった。

だから、大学職員を目指す時は自分も嘘をついてのし上がろうと考え、どこまでがセーフか調べた。
なにせ全く違う業種を攻めるには何か切札が必要だったから。


その結果は下記の通りである。
⚫︎絶対にアウト
入社日
入社社名
学歴
勤務先については、会社で年金通帳を出したらバレる。
留年していたなら、それなりの理由をつけよう。
また、卒業証書を求められる事も多いし、バレたら普通に逮捕されるレベルなので気をつけよう。

⚫︎普通にアウト
資格
TOEIC点数
これも犯罪。
業務で使う資格なら、会社から確認が入るので入社日が退社日になるぞ!
ただし入社日までに揃えたらセーフな感じがある。
TOEICは証明書を発行するよう言われる可能性があるので注意。ちなみにこの証明書は受験から2年間は発行できる。
2年以上前の点数を書く人も世の中にはいるらしいが、英語の会議に出されて滝のように汗をかく事になっても知らんぞ 笑

⚫︎誇張の範囲
所属部署
営業実績
不服な人事異動があって転職をする場合、異動させたら転職されると警戒されるため多少の誤魔化しは自己防衛のために仕方ないと思う。
営業実績もそれに伴って動かすような、誰も傷つかない優しい嘘までは良いのではないか?
ちなみに会社に問い合わせがいく事は基本的にない、やった方が犯罪者だからまともな企業ほどやらない。大手行くなら大丈夫でしょう。

⚫︎演出のため、誇張しよう
思想
大事にしている物
人からの評価
休日の過ごし方、趣味
学生時代の経験
留年理由
形のない物ならセーフ。
自分の意思をどれだけ真っ直ぐに、純度高く伝えられるかがポイントなんで、ガンガン魔改造しよう。

次はニュース記事について書く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA